引き返せなくなる所まで勉強しよう

高難易度の資格の勉強というのは、常に自分との戦いとなります。

「この資格受かるのかな」
「この資格を勉強しつづけることに意味があるのかな」

なんて考えが常に頭をよぎり、その度に色々と深く考え込んでしまい、勉強の手が止まります。

私の勉強している電験二種は、工学系の大学生が優秀な成績で卒業して、ようやくとれるかどうかという、大変難しい資格です。

正直、4年勉強してきた今でも分からない問題だらけで、過去問を見ても解けずにへこたれそうになることがしょっちゅうありますね。

この資格を取得しても、今の境遇が劇的に変わる訳ではない。
給料にそれほど影響があるわけでもない・・・。

そんな考えが頭によぎると、モチベーションがどんどん下がっていってしまう。

「俺なんか」「どうせ俺には・・・」なんて考えがいつも頭を巡るようになると、勉強は進まなくなってしまいます。

こうなると、勉強を放りだしてしまう恐れもあるのです。
こんな時に役立つのが「勉強時間集計表\」。

今まで少しずつ続けて来た勉強時間を見てみるのです。

今の私だと3000時間は超えていますか。

果たしてどれだけ勉強すればこの資格に合格するかは分かりませんが、どう考えても「もう引き返せない」ほどの勉強時間であることは明らか。

そう、もう進むしかないんです。

マラソ\ンでも、かなりの距離を走ってきてしまったら、もう進むしかないですよ。
帰るのだってしんどいんですから。

難易度の高い資格ならば、数年、下手をすると10年単位の勉強が必要になることもあります。
こんな勉強を長く続けて行くには、「もう引き返せないんだ」と思う事。
ここまでやってきたのに、諦めたら、それまでの数年の努力は全て無駄なのです。

勝利者とは、最後まで諦めず進んだ者をいうのです。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です