ベルトスリングについて

ベルトスリングについて。

布製のワイヤーロープ(ワイヤーというかどうかは置いておいて)であるベルトスリング。

強靱な繊維で編み込まれたこのロープは、ワイヤーロープに匹敵する程の吊り荷重に耐えられます。
ベルトスリングを使用する際の注意時点としては、
・火気が無い箇所で使用する
・鋭角な物を吊る際は、当て木等で保護する
といった所です。

ベルトスリングの利点としては、
・平たく幅広なので、材料の形状によっては吊り勝手がよい
・ワイヤーロープのように、素線が手に刺さって痛い思いをすることがない。
・布なので折り曲げやすい
・鋼製のワイヤーロープの苦手な薬品に耐える場合がある(耐薬品性)

ベルトスリングの欠点としては、
・頭の部分がワイヤーロープより大きくなるため、細かい隙間に通すのが困難な場合がある。
・頭の部分がワイヤーロープより大きくなるため、ホイストのフックに掛けるのが困難となる。
 特に、頭を4つ通す事が出来ないケースがあるため、選定の際は注意を要する。
・火気に弱い。

といった所です。

あなたの現場で吊る物品に合わせて、吊り具を選定して下さい。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です