フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能者は、工場等で使用するフォークリフトを構内で運転するための資格です。
とらばーゆ等の求人広告では「フォークリフト運転手求む!」という記述があちこちにあるほど、この資格に対する需要は多いです。
基本的に物流関係はフォークリフトが運転できないと仕事にならないというのが現状のようです。

(1)難易度
難易度は簡単で、合格率は90%以上。
各種教育機関や、トヨタ等の大規模工場等で資格取得が可能です。

(2)必要な勉強時間
学科で学ぶ程度で十分。
学科の内容をしっかり聞いていること。
試験の際に「ここにラインを引く事」「ここが重要」という点を確実に覚える。

(3)勉強に必要な対策
基本的に学科・実技とも教育期間中に学ぶ内容で十分。
事前に自分が勤務している工場内で使用しているフォークリフトを見ておくと良い(乗るのは無免許だからまずいです)
クラッチ・ブレーキなどは車と同じ。
フォーク部分を上下する操作、傾ける操作が別途必要となります。
これは右前のレバーで操作します
クラッチを踏み(AT車の場合はブレーキを踏み)エンジンを吹かすことで、フォーク部分の上下・傾き操作を早くする事ができます。
実車同様、ウインカーを出す事。
(普段から構内で密かに乗っている人は、この操作を忘れがちなので注意!)

実技の最後にある試験運転では、必ずシートベルト及びヘルメットを着用すること。
また、指さし呼称も行うこと。
基本的なルールさえ守れば落ちることはないかと思います。

(4)活用できる仕事
先述しましたが、工場内の搬送系の仕事・物流関係・倉庫・空港関係・ホームセンター等、各種方面での需要は大いにあります。
簡単に取得できる資格であるにも関わらず、これほど重要度が高いのは嬉しいですね。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です