さて、二級ボイラー技士の免許申請だ!

2級ボイラー技師

さて、二級ボイラー技士の免許申請だ!

なんか2級ボイラー技士合格通知書を落としたりして、さんざんな感じでしたが、ようやく2級ボイラー技士 免許の申請ができます。
長かった・・・。
合格通知書落としてからはもう、気が気でなかったからなぁ。

とりあえず、申請書をもらいに労働基準監督署に行ってきました。
私の家は労働基準監督署まで徒歩10分程度なので、便利便利♪

労働基準監督署は何故かハローワークとセットになってる。
会社終わって17時30分くらいに行きましたが、まだあいてました。
労働基準監督署に顔を出して「2級ボイラー技士の免許申請をしたいんですが」というと、50歳くらいのオッサンが「はい、これだよ」と渡してくれました。
しかもこのオッサン、妙に親切で「今回の免許は始めて取得したの?じゃぁこの欄をみてこうこうこう記述して・・・」と15分ほど説明してくれました。

その後、ハロワをうろついて講習関連の資料がないかを見て回ったら、18時まわってしまい、玄関が閉められて閉じこめられるハメに(笑)
玄関の前でうろうろしていると、違うオッサンが「ん?君部外者?閉じこめられちゃったの?あらら(笑)」と嘲笑を浴びせてくる。

結局、従業員専用玄関から出る事に。
「なに?資格?そうか、不景気だからな。がんばれよ。」と激励を頂き、ハロワ&労働基準監督署の建て屋の外で分かれました。

ん~、意外なところで人間ドラマが展開される予想外の結果でした。

で、家に戻って書類を撮影。

こんな感じ。


(1)送付用の大封筒
(2)免許・免許証再交付・免許証書き替え・免許更新申請書(2枚組)
(3)免許証郵送用封筒
(4)所持免許申請欄

の4枚。

(1)(3)には自分の住所氏名電話番号を書く。
(3)の免許証郵送用封筒には430円分の切手を貼る。
他に免許を持っていない場合は、(4)の記入は必要ないっぽい。

で、メインは(2)になってくるわけですが、私は書類を見ながら記述して大体30分くらいかかりました。
あとは、収入証紙を貼ればOK。

これを郵送して、手元に届くのは2週間くらいとのこと。

で、今回添付する資料はあの「合格通知書」。
しかも原本。

ん~・・・。
再交付するのに色々と苦労したんで、なんか名残惜しいっすね。
でも仕方ないよね・・・
(´;ω;`)ウゥッ・・・。

作成日:2007/11/09 05:01:01
更新経歴:2007/11/09 05:05:14

コメント

タイトルとURLをコピーしました