国家資格の勉強法まとめ@資格の極みwiki

実技試験について

実技試験について。

第二種電気工事士の試験には「実技試験」があります。

まず学科が合格してからの話ですが、実技試験に対して対策を練る必要があるのです。

この実技試験が、第二種電気工事士の資格を独特なものにしています。

必要な道具は電工ナイフ・圧着ペンチなど普段の生活では使うことのない工具が多いため、普段からこれらの工具を使用できるようになっておかなくてはなりません。
特に電工ナイフの使い方は中々難しく、電工ナイフによる電線の皮むきは、慣れるまでにかなりの時間を要します。
私の場合は、仕事の合間を見てひたすらVVFケーブルの皮むきの練習をしました。

また、圧着ペンチの圧着にもコツがあり、銅線のどの位置で圧着するか、覚えておかなくてはなりません。

各種スイッチやボックス等への電線の取り付けなど、普段の生活ではしないような作業を要求されるため、極力各地で行われている実技試験対策講習会に出席することをオススメします。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[実技試験について−>nishudenkou]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
資格必勝法
資格対策グッズ
特級ボイラー技士
1級ボイラー技士
2級ボイラー技士
フォークリフト運転技能者
第二種電気工事士
パソコン検定3級
クレーン・デリック運転士
乙種1類危険物取扱者
乙種2類危険物取扱者
乙種3類危険物取扱者
乙種5類危険物取扱者
乙種6類危険物取扱者
甲種危険物取扱者
第三種冷凍機械責任者
日記
第三種電気主任技術者(電験三種)



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。